独自ドメインを取得しよう!

オリジナルのドメイン=お店の顔

ドメインは「http://◯◯◯.com/」だとしたら「◯◯◯.com」の部分です。
.com、.net、.biz、.org・・・など色々ありますが、お店は「.com」が主流になっています。
「com=company」の略ですね。
companyだからといって企業である必要はなく「商用」という意味も含んでいます。

ネットショップオーナーは立派な「事業主」にあたりますから、.comを選ばれるのが良いと思います。
巷のネットショップは何を使っているか?などもチェックしてみてください。

そもそも独自ドメインって何?

ネットショップを開業する時に必ず取得しておきたいのが、独自ドメインというものです。
ドメインと聞いてピンと来ない人もいるかもしれないので、そもそもドメインとはどういったものなのかからご説明いたします。

ドメインというのは、インターネット上の住所のことで、世の中に同じものは存在しませんし、同じ物をしようとしても取得できません。
そして、通常URLにはプロバイダが定めた文字が入ってしまうので、どうしても長いURLになりますが、独自ドメインを取得することでURLを短くすることができます。
では、独自ドメインを取得することで、URLの短縮の他にどのようなメリットがあるのでしょうか?

独自ドメインを取得する大きなメリットは、ネットショップの信用性や信頼性が一気に上がる点です。
独自ドメインを使用しないとURLにはプロバイダが定めた文字が入ってしまうので、単なる素人が作っているようなイメージが強く、信用性が低いです。

独自ドメインを取得するには年間数千円という費用がかかりますが、それは逆にしっかりとしたお店だという証拠にもなるのです。
そのため、ほとんどのネットショップは、独自のドメインを取得して、お店の信頼性やブランド力を高めています。

そして、独自ドメインを決める際は、ありきたりなものは避けることと、できる限り覚えやすいということに重点を置きましょう。 長々としたドメインは覚えにくいのでネットショップには向きませんし、全くお店と関係ないものも避けてください。
販売している商品やどういったネットショップなのかイメージしやすいドメインを意識して、考えてください。

独自ドメインを取得する場合、年間数千円という費用がかかってしまいますが、TLD(=トップレベルドメイン)によって料金が異なります。
少しでも経営の負担を軽くしたいのであれば、料金が安いドメインを取得された方が良いでしょう。
ただ、その時にドメインは自分のネットショップの顔になるということだけは、忘れないでください。

ドメインについてのメモ

TLD=トップレベルドメインについて

ドメインというと「abc.com」というドメインがあった場合のトップレベルドメインは「.com」の部分になります。
この種類によって年間かかってくる費用が違います。

また、トップレベルドメインには「一般トップレベルドメイン」と「国際トップレベルドメイン」というのがあります。
ネットショップを日本でやる場合は「一般トップレベルドメイン」で問題はないでしょう。
多いのは .com .net .jp あたりでしょうか。 co.jp は法人しか取得できません。

最近は日本語ドメインもありますよね。
日本語ドメインも、パッと見たときにURLがわかりやすく、覚えやすいので印象づけるには良いかもしれません。

このページの先頭へ