開業するまでの手順

ネットショップを開業するまでの手順

これからネットショップを開業する場合、一体どのような手順で行えば良いのでしょうか?

必要なものをまとめました

まず、ネットショップを開業する場合、ネットショップで何を販売するのかを決めないといけません。
販売するものによっては、許可や資格が必要となる可能性があるので、気をつけてください。
例えば、医薬品や酒類、アンティーク、健康食品などは許可が必要となる商品なので、覚えておきましょう。

販売する商品が決まった後は、ネットショップを開業するために必要な機材の準備です。
ネットショップを開業するために必要な機材は、パソコン、プリンター、デジタルカメラ、ウイルス対策ソフトなどです。
そして、このような機材の他にインターネット回線と自宅とは別の電話回線も準備しないといけません。

必要な機材などが揃った後は、ホームページの作成をするのですが、その前にネットショップの名前を決めないといけません。
ネットショップの名前は売り上げに直結するので、いい加減に決めてしまうと後々後悔するので気をつけてください。
ネットショップの名前を考えるのにあたって大事なことは、SEO対策を考えて販売する商品キーワードを入れるということです。
そうすることで、自分のネットショップが検索時に上位に表示されるようになり、訪問者が多くなります。

ホームページを自分で作成することによって、初期費用を削減できますが、自分では作れないと感じた場合は製作会社に依頼されてください。
無理に自分で作ろうとすると開業予定日に間に合わなかったり、集客率の低いホームページになってしまうので、それであればプロに依頼した方がよっぽど良いです。

ホームページが用意できたら

ホームページが完成した後は、オリジナルのドメインの取得とネットショップの決済方法を決めてください。
ドメインを取得する時に注意したいのは、訪問者が覚えやすいかどうかなので、なるべくネットショップの名前で取得するようにしてください。

また、オリジナルドメインにこだわる理由は、信用性をアップできるからで、提供会社の名前が入るようなものだと信用性が薄いです。
ネットショップの決済方法は、一般的に郵便振替、銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済、代金引換などがあるので、それぞれのメリットとデメリットを決めてください。

そして、ドメインの取得とネットショップの決済方法を決めた後は、ネットショップを出店させるために専門のレンタルサーバを借りてください。

レンタルサーバによってサービス内容、サポート内容、料金などが異なるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ